パン太のキャリア構築予備校

年収2000万超えのコンサルから学んだ「好きな仕事で高年収を得ながら、社会に好影響を与える」仕事術やマインドセットを余すところなくお伝えします

【コンサル 年収】大手シンクタンクのコンサルファームの年収の実態について

f:id:think-tank:20190711212706j:plain

こんにちは、下克上コンサルのパン太(@consultant_jin)です。

 

本日は大手日系シンクタンク系のコンサルティングファームの年収の実態というテーマでお話しします。

 

以下に動画も添付しておきます。

音声だけでも理解いただけるように作成しているので、通勤時間や隙間時間等に聞いていただけますと幸いです。

 

それでは、早速いってみましょう。

 

 

日系コンサル新卒入社時の年収

f:id:think-tank:20181020211127j:plain

まずですね、新卒で入社したときなんですけれども、大体7割ぐらいの学生が大学院を卒業して入社します。

 

そうすると、若干、大学の学部卒の年収よりも優遇されていて、

大学院卒だとだいたい600万円ぐらい

大学学部卒だと500万から550万くらいのレンジになります。

 

そこからですね、50万円から100万円ぐらいですかね、毎年昇給していきます。

 

日系コンサル30歳前後の年収

その年の冬のボーナスの額であるとか景気とかに左右されるところがあるんですけれども、大体みんな横並びで上がっていって、管理職の一歩手前になる所ですね、まぁだいたい30歳前後くらいで平社員でも年収は1000万円を超えます。

 

30歳ぐらいで、社員の多くが1000万円を越えていて、あまり仕事をしてなくても、 yahoo 知恵袋しか見ておらず以下のような質問しかしていないような人であっても、1000万円はもらってるっていうのが、シンクタンク系コンサルファームの実態ですね。

 

f:id:think-tank:20190711213017p:plain

 

日系コンサル管理職〜課長クラスの年収

で管理職になると、最低で年収1200万円くらいから1800万円くらいという感じですね。

 

ちょっとレンジがあるんですけれども、その年のボーナスの額が人によって非常に大きくなるのが、管理職になってからの特徴ですね。

 

外資系のコンサルだと入社して直ぐに成果主義という感じですが、日系コンサルだと管理職以降に成果主義の傾向が強くなります。

 

ちなみに課長クラスは1400万円から2000万円くらいのレンジになります。

 

他の大手企業と比べても、課長クラスでそれだけもらえるっていうのはコンサルの特徴なのかなと思いますね。

 

日系コンサル部長職〜役員クラスの年収

ãdirectorãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

で、部長クラスになると大体年収2200万円から2500万円ぐらいです。

 

部長になれるのが、早くて30歳台の後半で、ボリュームゾーンとしては40台後半~50台前半くらいです。

そして、晴れて役員になると年収が3000万円から1億円くらいまでのレンジになります。

 

サラリーマンでそこまで行ければ、それなりに高額の方かなというふうに思うんですけど、株式トレーダーの人とか、自分で事業やってる人であれば、同水準の年収を達成している層はもっと多いでしょう。

 

参加までに、年収1億円を超える業種のチャートを貼っておきます。

f:id:think-tank:20190711213448p:plain

 

事業経営者については、本当はもっと多くの人が1億円超えているのでしょうが、節税している人が多いであろうことから、ここに記載されているのは実際よりも小さい人数となっているでしょう。

 

株式トレーダーが上位の半分を占めていますね。

 

外資コンサルと比較すると・・

 

少し脱線しましたが、日系コンサルの給与水準は大体お分かりいただけたのではないかと思います。

 

この給与水準は、金額ベースで見たときに他の外資系のコンサルティングファームと比べると、劣るところはあると思うんですけれども、大きな違いとしてはクビになる(収入が0になる)ことがないってことですね。

 

コンサルで仕事をしていると、結構な割合で鬱になったりとか、激務で体調を崩してしまう場合があるんですけれども、日系コンサルの場合はそういう人に対する救済措置が充実しています。

 

具体的には、お客様の前に出る仕事ではなくて、社内向けの仕事をする部署が多く存在しており、そちらの部署に異動しても年収は1000万円を超えてぐらいの金額でキープしながら、ワークライフバランスを保って仕事をするということが可能です。

 

上位役職に昇進しなくても、年収1000万円程度は確実にもらえるため、責任が大きいポジションに移るよりも、程よい責任感と忙しさで働きたい、という人が特に若手の中では多いような印象があります。

(これは会社としての危機だとも、おもいますが。)

 

逆に、バリバリ働いていて、莫大な利益を会社にもたらしているにもかかわらず、外資系などと比べると、成果に対するリターンが小さいため、社内勤務をしているユルふわな人達と、そこまで差がつかないということに不満を持っている人も多いな、という印象もあります。

 

それでは本日は以上となります。