パン太のキャリア構築予備校

年収2000万超えのコンサルから学んだ「好きな仕事で高年収を得ながら、社会に好影響を与える」仕事術やマインドセットを余すところなくお伝えします

コンサルで学ぶ最も初歩的な生産性向上方法

 

 

こんにちは、下克上コンサルのパン太(@consultant_jin)です。

 

現在、現役コンサルとして4年以上働いている経験から、コンサルで学ぶ生産性向上の方法についてお話ししようと思います。

 

私は激務で有名?なコンサル業界で働いており、個人としての営業貢献で年間1億円程度の売上を達成しています。

 

そんな中でも、ブログを書いたり、Youtubeを撮影するなどの時間を捻出することができている理由としては、「生産性を高める工夫を入社以来、常に続けてきたこと」が挙げられます。

 

この記事では、私の実体験とコンサルで学ぶ生産性向上の方法を組み合わせて、効果的な方法をお伝えできればと思います。

 

以下に動画も添付しておきます。
音声だけでも理解いただけるように作成しているので、通勤時間や隙間時間等に聞いていただけますと幸いです。
 

 

「常にこの動作はショートカットできないか?」という思考パターンを持っているか?

 

ここでご紹介する方法は、すでに習慣になっている人にとってはめちゃくちゃ当たり前で「何言っとるんじゃこいつは」と思う方もいるかもしれません。

 

ただ、事業会社に実際に出向いてプロジェクトを行っていると、わりと、この習慣が身についてない人が多く、それによって結構多くの時間を非効率に消費してしまっているなと感じることが多いので、本日はこのテーマをお伝えしようと思いました

 

それは何なのか、結論から申し上げると

 

「この操作はショートカットできないか?」と考えて、 google 検索する

という習慣を身につけるということです。

身に着ける、というのは、歯磨きのように無意識的にやってしまうレベルまで習慣化することを意図しています。

 

自分が知っているショートカットキーを日常的に使うことはあっても、自分が行なっている動作のうちで

「まだ無駄な部分があるのではないか?」

と考えて実際にググってみる、ということが習慣になっていない人は、ほぼ100%効率化できる部分が残されています。

 

そのため、これまではあまり意識していなかったという方は、是非やっていただきたいなと思います。

 

特に、若手社員の方は、雑用的な仕事やパワーポイントを作るとか、ワードを作るといった手を動かすような作業っていうのはどうしても発生することが多いと思うので、そのような仕事を1秒でも早く終わらせるって言うところのマインドを持つのが非常に重要になってきます。

 

1秒でも早く終わらせるっていうのを何十個も何百個も積み重ねることによって、結果的にかなり多くの時間を節約でき、圧倒的な生産性を身に付けることができるようになります。

 

コンサルでは強制的にショートカットを身につけさせられる

 

実際、ショートカットを身につけることによる生産性向上の効果はかなり大きいため、コンサル会社では1日30万円などの高額の研修費用を会社が負担し、ショートカットをを身につけられさせます。

 

 

  

世の中には、ものすごい数のショートカット方法があります。

 

例えば、

・ショートカットキーを身に着ける

・EXCELのマクロを使えるようにする

・RPAツール(Robotic Process Automation)を使えるようにする

 

などなど

 

上記の方法を一つ一つ身につけていくことは非常に重要ではありますが、その前提として私が重要だと考えているのは先ほど申し上げた通り、

 

この操作を、どうすれば早くできるのかっていう風に考えて、それをググる、とい動作を歯磨きのように無意識の習慣にしてしまう

 

ということです。

 

というのも、1回単発でショートカットの方法を身につけれたとしても、それを続けなければ全体としての生産性向上の効果は大きなものが見込めないためです。

 

 

自分がやっている操作の中に無駄があっても、それに気づかずに結果として時間がかかっているということが非常に多いのです。

 

そうならないように、とにかく、自分が今行っている操作を常に疑って

「これはもしかしたらもっと効率化できるんじゃないか」

という風に考えて、ググっていくというのが非常に重要です。

 

ショートカットと言われてピンと来ない方は、まずは書店で本を眺めてみよう

 

まあそうは言っても、

「どういう風にすればショートカップできるのか全然分からないよ」

とか

「ショートカットキーなんてそもそも使ったことがない」

 

という方は、まずは書店で売ってるような windows のショートカットの本やpowerpoint とか excel とか word とか普段よく使うソフトウェアのショートカットの本からスタートすると良いでしょう。

 

例えば、以下の本は小さく持ち運びも可能で、初心者がマスターするべきショートカットキーが一通り記載されているので、参考にしてみてください。

(Amazonレビューも高く、なかなかの良書だと思います)

 

 

上記以外にも、様々な本が書店にね、売られておりますので、まずそういう本を見てみて、どういう操作がショートカットの対象になるのかというところの勘所をつかんでいただくといいのかなと感じています。

 

ちなみに、コンサルやIT の会社だと、研修の時点で、ショートカットを身に着けられるように研修を受けることになります。

 

例えば、アクセンチュアという外資系のコンサル企業では、マウスを取り上げられて、

マウスなしで excel とか powerpoint 使えるようになるために徹底的にトレーニングさせられるっていう事があるようです。

 

このような負荷の高いトレーニングを積むことによって、強制的にショートカット操作を体に染み込ませることができるようです。

 

さらに将来的にも、常に「この操作ショートカットできるんじゃないかっていうふうに考えるようなマインド」が身についていくっていうことがあるので、結果として、生産性が高まっていくのです。

 

その結果ですね、コンサルの人は事業会社で働く場合とくらべて、生産性が高くて成長スピードが速いと言われることが多いのかなと感じています。

 

どんな人でもPowerpoint資料 を作ったりとかWord資料を作ったりと、手を動かすような仕事をすることはありますので、まずはショートカットの操作を身につけていき、作業時間を少しでも減らしていけると良いでしょう。

 

そして、その短くした時間で、より創造的な仕事・頭使うような仕事に時間を使えるようにしていけると、自分の市場価値も上がっていきますし、会社への貢献度も高くなるかと思いますので、お勧めします。

 

ショートカットを覚える以外にも、自分の転職市場価値をグッと高めていく方法について記事にしておりますので、興味のある方は参照ください。

 

www.career-dev.com

 

 

それでは本日は以上となります。